真鍮買取

鈴喜商店では、金属リサイクルの一環として各種工場などから排出される
真鍮(黄銅)の買取を行っております。

真鍮とは

真鍮とは、銅と亜鉛の合金(特に亜鉛が20%以上)のことをいいます。一般的に亜鉛の割合によって色が変わり、高くなるほど色の薄い黄色となりますが、低くなると赤みを帯びるものもあります。 亜鉛が20%以上含まれる真鍮は黄銅とも呼ばれ、五円硬貨の材料としても使用されています。そのほか水道蛇口やナット、仏具、金管楽器などが該当します。

真鍮(黄銅)買取

種類と品目一覧

真鍮(黄銅)は、亜鉛の添加量で特性が大きく変わるため、七三黄銅など銅と亜鉛の比率を冠した名称が使われている材料もあります。

亜鉛量が1%~2%となっているものが雷管用銅、4%から22%のものが丹銅、28%から32%のものが七三黄銅、32%~37%が65/35黄銅、37%~43%が六四黄銅といった感じです。

真鍮(黄銅)
・丹銅(レッドブラス、ゴールドブラス)
銅と亜鉛の合金。亜鉛量は4%~2%で赤っぽいものから薄いオレンジ色のものがある
・七三黄銅(セパ、イエローブラス)
銅と亜鉛の合金。銅の比率は64%~71.5%
・65/35黄銅(セパ)
銅と亜鉛の合金。銅の比率は62%~67%
・コーペル
銅と亜鉛の合金。銅の比率は60%で鮮やかな黄色である
・真鍮コロ
鍛造用黄銅棒など純粋な真鍮(黄銅)で不純物が全くないもの
・高力黄銅
六四黄銅にマンガンやアルミニウム、鉄を添加した黄銅
・ネーバル黄銅
銅、錫、亜鉛の合金。銅の比率は59%~64%
・黄銅鋳物コロ
黄銅製の鋳物製品。おもにバルブ類、設備系の継ぎ手に用いられている
・鍍金黄銅(鍍金真鍮)
真鍮(黄銅)に鍍金処理したもの
・真鍮ワイヤーカット線
・真鍮切粉(真鍮削粉 真鍮ダライ粉)
加工した際に発生するスクラップです
・込真鍮
蛇口やバルブに多くみられます

高価買取になるポイント

真鍮(黄銅)に限らずですが、非鉄金属は少量より大量のほうが高く買い取ることができます。

なので現場や工場の皆様においては、バッカンやフレコンに溜まってから取引いただくと当社で少し色を付けることができますし、毎月ある程度の排出量も決まっていると思いますので、「毎月これだけ買い取ってほしい」といったご相談にも応じることができます。

さて、ある程度ストックができたら、もっと買取価格をアップさせるべく銅の相場も確認しましょう。
非鉄金属の相場はロンドン金属取引所が公表している取引価格で確認することができます。

下記はロンドン金属取引所による過去3年間の銅の価格推移をグラフ化したものです。
このように、銅の相場は日々変化し続けておりますので、高価買取を希望される方は売り時を逃さないよう、こまめにチェックしましょう。

最後に、ストックする際に他金属との混ざりがないか、付き物が除去されているかなど見た目が綺麗な状態か確認しましょう。

当社は福島県、宮城県、茨城県が主な買取地域となっています。
出張訪問にも対応していますし、真鍮(黄銅)の買取に関するご相談やご質問も随時承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください

非鉄金属スクラップ・電線・銅線・電池・廃棄板など様々な金属類の買取が可能です。

TEL.0246-56-7400
FAX.0246-56-7401

受付時間:8時~17時まで(土曜日は15時まで)
/定休日:日曜日、祝日
メール・FAXは24時間受付可能です。

※買取場所やスクラップの重量など条件によっては
お伺いできない場合もございます。

メールでのお問い合わせ

真鍮買取の出張訪問対応地域

福島県いわき市のほか、下記の地域を対象に真鍮買取の出張対応を承っております。そのほかの地域でも対応可能な場合がございますので、ご検討の際はご相談ください。

  • 福島県いわき市
  • 福島県郡山市
  • 福島県須賀川市
  • 福島県田村市
  • 福島県会津若松市
  • 福島県喜多方市
  • 宮城県仙台市
  • 茨城県水戸市
  • 茨城県日立市

商品の受け取りについて

その他取扱い非鉄金属・材料

スクラップ買取

非鉄金属スクラップリサイクルの専門業者です

ピカ線買取

ピカ線・黄銅・真鍮買取を実施中

雑電線・ケーブル買取

不要な雑線やケーブルを買取・回収しております

ニッケル水素電池買取

ニッケル水素電池の買取も実施しております。